学生ピッチャーには球数制限が必要な理由と怪我の原因

現在のアメリカの研究結果では、野球全体での40-80%の怪我がピッチングに関わっているとされています。また約4割の学生ピッチャーピッチング中の痛みを経験していると言われており、5-10%の高校球児が手術をしてます。

野球で多い怪我は? 選手生命を失う怪我は?

野球で多い怪我が

  • ハムストリングの肉離れ
  • ローテーターカフ(肩のインナーマッスル)の肉離or完全断裂
  • 背筋の肉離れ
  • 上腕二頭筋の腱炎
  • 腹斜筋の肉離れ
  • 右肘靭帯損傷(UCL)

であり、右肘靭帯(UCL)断裂と上方肩関節唇損傷(SLAP損傷が選手生命を失う怪我として言われています。

あの元ソフトバンクフォークスの大エース斎藤和巳投手が上方肩関節唇損傷で苦しみ引退にしましたし、日本ハムファイターズの斎藤佑樹投手も同じ怪我で苦しんでいますね。

そして、右肘靭帯(UCL)損傷はMLBで年々増えていて、右肘靭帯(UCL)の手術(トミー・ジョン)を受ける年齢が年々早くなっています。アメリカでは高校球児でもトミー・ジョン手術を受ける人がたくさんいます。

この夏の高校野球で、岩手県の大船渡高校の佐々木投手の件で、球数制限の導入について話題になりました。では、学生ピッチャーの怪我のリスクが上がる要因は何かを調べてみたところ、

  • ウォームアップ中の球数
  • 1ゲームでのイニング数
  • 1ゲームでの球数
  • 年間で100イニング以上の登板
  • 1年間で8か月以上の間、ピッチングを行う

リストを見ますとお分かりだと思いますが、学生の将来を見据えた選手生命を考えたら、この夏話題になった球数制限だけでなくイニング制限にオフシーズンでのノースローも重要になってきます!

アメリカのリトルリーグでの球数・イニング制限

これに基づき、アメリカでは高校生以下には年齢ごとに球数制限+年間の登板イニングが細かく設定されています。

年齢 1試合での球数制限 1年間でのイニング制限
7-8歳 50球 60イニング
9-10歳 75球 80イニング
11-12歳 85球 80イニング
13-14歳 95球 100イニング
15-16歳 95球 100イニング
17-18歳 105球 100イニング
19-22歳 120球 N/A

更に、1年のうち最低4か月は(最低連続の2か月間を含む)ノーピッチングでなければいけません。

更に、高校生まではピッチャー降板後に違うポジションに着くことは少なくありません。

しかし、アメリカのリトルリーグでは球数だけでなく、ピッチャーが交代でキャッチャーのポジションにつく事に対しても細かな決まりがあります。

ピッチャーの上半身の怪我の原因

まず、ピッチング関連での怪我は肩自身の疲労以上に、下半身の疲労が大きな怪我の原因とされています。ピッチングで作られる大きな力は、下半身で作り出される力が胴体を通して腕に伝わって作り出されています。そして、下半身が疲れてくると下半身でパワーを作り出さず、上半身だけで作り出しがちになります。結果、大きな負荷が肩や肘にかかってしまい、怪我を引き起こします。

その為、ピッチャーは肩を休ませるより、下半身の疲労を取らないといけないという事です!

日本ハムファイターズの斎藤佑樹投手の話に戻りますが、プロ3年目の時に上方肩関節唇を怪我されたという事ですが、それより前の大学時代に左股関節(踏み込み足)を怪我されているみたいなんですね。股関節の怪我の影響で下半身が上手く使えず、上半身にストレスがかかってしまって、選手生命を失う程の肩の怪我に繋がってしまった可能性がありますね。

では、何故キャッチャーはだめなのか?

お気づきの方も多いかと思いますが、キャッチャーは守備中、基本的に座り、ピッチャーが投げる度に立ちあがりピッチャーに返球します。その為、ピッチャーが投げる度にスクワットをしていて、下半身を休ませるどころかより疲弊させることになります。その為、一定以上の球数を投げたピッチャーはキャッチャーを守ることを禁止されております。もちろん逆もしかりで、一定以上のイニングを守ったキャッチャーはその試合、ピッチャーに着くこと禁止されているという事です

まとめ

今回は、学生ピッチャーが選手生命を絶たれる怪我をする要因と、その理由を説明させて頂きました!未来ある選手たちにとって大切な”成長する環境・ルール”作りが出来たらいいなと思います!

アメリカの準国家資格(メディカルトレーナー)のアスレチックトレーナー(NATA-ATC)として自分の知識・経験と研究結果を下に学生アスリートの保護者の方・顧問/監督・ファンの方に特に野球に関する怪我、トレーニング、身体の仕組みをお伝えしたいと思っております!興味のある内容・質問などぜひコメントにお願いします!

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

参照

Little League. Regular Seasons PitchingRules. Retrieved from https://www.littleleague.org/playing-rules/pitch-count/

Lizzie Hibberd. “UCL Reconstructions for Baseball Pitchers at Andrews Sports Medicine.” NATA Clinical Symposia & AT Expo, 26-29 June 2018, New Orleans, LA.

広告

3件のコメント

  1. […] “学生ピッチャーには球数制限が必要な理由と怪我の原因”の記事で、ピッチングでは、下半身で作られた力が胴体を通して上半身に伝わり、それの力がボールに伝わって速いボールが投げられている為、下半身が疲労してしまうと上半身だけ投げてしまい、大きなストレスが肩・肘にかかって選手生命に関わる怪我に繋がると端的に書かせていただきました。 […]

    いいね

  2. […] “学生ピッチャーには球数制限が必要な理由と怪我の原因”の記事で、ピッチングでは、下半身で作られた力が胴体を通して上半身に伝わり、それの力がボールに伝わって速いボールが投げられている為、下半身が疲労してしまうと上半身だけ投げてしまい、大きなストレスが肩・肘にかかって選手生命に関わる怪我に繋がると端的に書かせていただきました。 […]

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中