股関節にもインナーマッスルあるの知ってる?

学生ピッチャーには球数制限が必要な理由”の記事で、ピッチングでは、下半身で作られた力が胴体を通して上半身に伝わり、それの力がボールに伝わって速いボールが投げられている為、下半身が疲労してしまうと上半身だけ投げてしまい、大きなストレスが肩・肘にかかって選手生命に関わる怪我に繋がると端的に書かせていただきました。

この記事では、大学生ピッチャーの胴体と下半身の運動学的側面 研究結果を踏まえて、なぜ下半身の力がピッチングに必要か?

そして、肩のインナーマッスルのトレーニングは有名だが、どれだけの選手が股関節のインナーマッスルの存在を知っていてトレーニングしているのか?というお話をしたいと思います!

ピッチングの球速に必要な要素は?

大学生ピッチャーの胴体と下半身の運動学的側面という研究結果と理由を説明する前に確認しておきたいのが、ピッチングという複雑な一連の動きの中で、球速に関わる動き。

ピッチングの球速をに関わる要素は

  • 軸足から踏み込み足への前方への体重移動
  • 軸足から踏み込み足への体重移動中の胴体の回転速度
  • ボールをリリースする時の、手首の速度

球速を上げたいとなると、一連の動きの中で特にこれらの動きを上手く出来るようになることが重要になります。そして、これらの動きが出来るように、これらの動きに関わっている筋肉の筋力を上げるなり、バランス力をあげるなり、柔軟性をあげるなり、個々の選手の特徴を見つけてトレーニングをしていくという事になります!

床反力と球速の関連性を調べた研究

鹿児島県の鹿屋体育大学が発表した研究では、大学野球のピッチャー30人を対象にして、ピッチング過程での軸足と踏み込み足の床反力(足底と地面の間で作られる力)がピッチングのボール速度に関係するかどうかが調べられています。

(ピッチングモーションの段階別で色々な関節の可動域等も同時に調べられていますが複雑になりますので、この記事では床反力に焦点を置いて説明します。)

大学生ピッチャー30人の球速を測定し、球速の早いグループ・平均・遅いグループそれぞれ10人づつにグループ分けて、それぞれのグループでピッチング中の軸足と踏み込み足の床反力を以下のピッチングモーションの中で測定し比較。

軸足の床反力: ピッチャーが軸足に体重を乗せてから踏み込み足が地面に着く前まで

踏み込み足の床反力: 踏み込み足が地面についてから投げ終わるまで

更に、下半身(股・膝・足首)の回転モーメント(回転力)も計測。

それぞれのグループの身体的特徴(身長や体重など)に大きな差はないので、身体差の影響はありません。また、被験者のピッチングの球速だけで言えば、プロ野球のピッチャーとほぼ同じくらいなのでプロレベルの選手での実験結果としてみることができます。

実験結果

この研究では、球速の速いグループのピッチャーは遅いグループのピッチャーに比べて

1. 軸足から踏み込み足に体重移動している間、軸足の下記の力が大きい

  • 床反力
  • 股関節の外転力
  • 股関節の内に回旋する力
  • 膝関節の伸展力

2. 身体の後ろからボールをリリースするまでの加速段階の間、 踏み込み足の下記の力が大きい

  • 膝関節を伸展する速度
  • 骨盤・胴体の前屈速度
  • 胴体の回転速度

3. ボールが放たれる瞬間の踏み込み足の床反力が大きい

研究結果と球速の関係性

ここでは、実験結果がどうピッチングの球速に関係しているかを説明していきたいと思います。

確認として、ピッチングの球速を関わる要素は

  • 軸足から踏み込み足への前方への体重移動
  • 軸足から踏み込み足への体重移動中の胴体の回転速度
  • ボールをリリースする時の、手首の速度

結果1:軸足から踏み込み足に体重移動している間、軸足の床反力、股関節の外転力、股関節の内旋力、膝関節の伸展力が大きい

  • 軸足の床反力の強さと上記の動きが前方への体重移動の為の慣性力を作り出しているため、軸足の下半身の強さが球速を上げる要素の「体重移動」に直結しています!
  • また、床反力の強さが、球速を上げる要素の3つ目のボールを離すときの手首の速度に比例しているという研究結果が既にあります!(参照)

結果2:身体の後ろからボールをリリースするまでの加速段階の間、 踏み込み足の膝関節を伸展する速度、骨盤・胴体の前屈速度、胴体の回転速度が大きい

  • 膝関節の伸展速度の速さは、軸足から踏み込み足への体重移動が上手くいっているかの指標になります。体重が後ろに残ってしまっていると軸足を伸ばすことは難しいので、膝関節の伸展速度が速いという事は前方への体重移動が上手くいっているという一つの要素になります!

☆また、軸足が着いた瞬間の軸足の膝の伸展(特に膝を内側に支える役割のある、大腿四頭筋の一つの内側広筋)と股関節の内転筋の強さが、軸足の安定性をもたらし、下から上へと力を上手く伝える事が出来ます。

  • 骨盤・胴体の前屈速度、胴体の回転速度はそのまま球速に関わる要素ですね。

結果3:ボールが放たれる瞬間の踏み込み足の床反力が大きい

  • 結果1でも述べたように、床反力の強さが、球速を上げる要素の3つ目のボールを離すときの手首の速度に比例しています!(他の研究結果参照)

股関節のインナーマッスルの重要性

この研究から、球速の速いピッチャーと遅いピッチャーの間で、軸足と踏み込み足両方の下半身の強さに大きな違いがある事がわかったと思います!そして、軸足と踏み込み足両方の下半身の強さが、ピッチングの球速に関わる要素にどのように関わっているかがわかったと思います。

ここで重要なのが、下半身にあるすべての筋肉を定期的にバランスよくトレーニングしているのか?ということです。

ウェートトレーニングで有名なスクワットやデッドリフトはもちろんとても重要です!ただ、スクワットやデッドリフトでは鍛えられない筋肉があり、その筋肉はピッチングに必要です。例えば、結果1で出てきた股関節の外転と内に回旋するの筋肉はスクワットやデッドリフトでは鍛えられていません。そして、股関節内旋の反対の動きの股関節の外に回旋をする筋肉は、 肩のローテーターカフと似ていて、いわゆる「インナーマッスル」です!

ちなみに、この外旋の筋肉は坐骨神経症を引き起こす原因の1つだったり、この筋肉が弱いと太ももの骨と膝下の骨が内巻きになってしまい、慢性的な内膝痛を起こします。最悪のケースでは、前十字靭帯断裂にも繋がります。

さらに、太ももについている大腿四頭筋の機能が落ちてパフォーマンスに影響したりする事もあります。

どれだけの人が、股関節にもインナーマッスルがある事を知っていて、どれだけの選手が肩のインナーマッスルと同じくくらい重要視して鍛えているでしょうか? 今や、肩のインナーマッスルの重要性とそのトレーニングはかなり広まっていますが、股関節のインナーマッスルはどうでしょうか?

肩のインナーマッスルのトレーニング同様、股関節のインナーマッスルのトレーニングもリハビリでやるような地味なトレーニングになります。しかも、普段の生活では使う機会が少ない分、そのトレーニングの動き自体も難しく、地味なのにめちゃくちゃしんどい

今回の記事では、ピッチングにおける下半身の重要性と、その重要な下半身のインナーマッスルに目を向けている選手がどれだけいるのか? ジムでやるようなトレーニングだけでなく 、 リハビリでやるような地味なトレーニングもパフォーマンス向上&怪我予防の為に必要である。という事を書かせて頂きました!

アメリカの準国家資格(メディカルトレーナー)のアスレチックトレーナー(NATA-ATC)として自分の知識・経験と研究結果を下に学生アスリートの保護者の方・顧問/監督・ファンの方に特に野球に関する怪我、トレーニング、身体の仕組みをお伝えしたいと思っております!興味のある内容・質問などぜひコメントにお願いします!

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

参照

MacWilliams, B.A., Choi, T., Perezous, M.K., Chao, E.Y. and McFarland, E.G. (1998) Characteristic ground-reaction forces in baseball pitching. The American Journal of Sports Medicine 26(1), 66-71.

Masahiro Kageyama, et al. “Kinematic and Kinetic Profiles of Trunk and Lower Limbs during Baseball Pitching in Collegiate Pitchers.” Journal of Sports Science & Medicine, vol. 13, no. 4, Dec. 2014, pp. 742–750.

広告

2件のコメント

  1. […] 前回の記事で、ピッチングの球速に下半身の筋力が関係している事、そして股関節にも肩関節と同じような「インナーマッスル」があるという事を書かせていただきました! (参照:股関節にもインナーマッスルあるの知ってる?) […]

    いいね

  2. […] 以前の記事で下半身の強さがピッチングの球速に関わるという内容を書かせていただきましたが(気になる方はこちら)、特に股関節とその周辺の筋肉は 野球・ソフトボールでは肩関節と 同じくらい重要な役割をになっております。 […]

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中